飼い猫ルデイに癒されています

皆さま、こんにちは。看護師庄盛です。

家族みな本当は犬派だったはずですが、息子が中学校時代自分のゲーム類を全て売却しアビシニアン(猫)を購入。

そして全寮制の学校へ。

そうです、私の気を自分から猫へ。。と計画的にしたようです。

単純な私は、何も疑いもせず、猫を預かり育て。。。
寿命もあり亡くなりました。

話では聞いており、信じていなかったペットロスに私が陥り。

2週間食事できず、、常時涙が流れ、目じりは皮膚炎症(私の目です)、ヒリヒリ痛いし、でも毎日起きている時間ずーっと涙微量ながら溢れていました。

見かねた娘は、同じ種類の猫ちゃんを飼うことを提案!

お顔の顎といい、なんとも美男子でたまらないアビシニアンを探すこと日暮里まで。

亡くなった子とは異なるルデイですが、お顔と耳の大きさ、バランスはそっくり♪

身代わりでとても申し訳ないけど、ようやく飼うことになりました。

それから6年が経過。

猫は、自由人で何も考えていない、と思っていた自分が恥ずかしい。

じつは、冷静に人間の行動を観察し、順位を決め、使い分け能力を持っています。

私は、爪切り→掃除機と嫌なことをする人、だけどご飯をくれる。

でも耳のお掃除や病院へ連れていく微妙な立ち位置らしく、いいように利用されているを感じ(笑)。

寝るときは、必ず定位置へ。

犬のようにお顔を舐めませんが、喜んでいる様子は喉をならしているので実感でき私も嬉しい限り☆彡

一枚目は横になったばかり。

二枚目は、ついに爆睡した様子。

この姿勢のおかげで私の右肩が凝り、湿布のお世話に。

でも、なにがあっても許せてしまうのがペットというか3番目の子供。

毎晩癒され、肩凝りながら寝ています。

小さな前頭葉をフル活動し、ごはんを催促したり遊びを催促したり頑張ってる。

本当に可愛い。

人間も頑張らないと!と毎日みていて元気をいただいています♪